【患者:20代男性 主訴:首痛、肩痛】

右首に違和感があり、左を向いたときにはハリが、右を向いたときには可動域の制限を感じ向き辛い。

また左肩にも違和感があり、肩を廻した時に(左肘を後ろに引いた時)肩前面の深い場所に痛みを感じる。

 

【施術内容】

肩、背中、腋下付近の筋肉を解して弛める。(特に肩甲骨周辺)

また肩甲骨、頚椎、胸椎の可動域の調整を行う。

これにより首の動きが良くなり、左右どちらともかなり楽になった。

但し、まだ左を向いた時に鎖骨付近の筋肉の緊張を感じるとのことだったので、胸鎖乳突筋の調整を行いこの違和感も消失した。

 

左肩に対しては、肩の関節の動き、特に前方や下方への動きを付ける。

これにより肩を廻した時の痛みもほぼ消失し、前段階の肩甲骨等の調整と併せて、肩を廻した時の動きが以前よりも楽になった。

 

患者様は特異な体勢を続ける仕事をされており、その影響もあってか左右の筋肉の付き方等のバランスも少し悪く、体勢による負担も掛かる為に関節の可動域にも制限が出やすくなっている可能性がありました。

一般の方でも同じ姿勢を長時間続けることによって一部分に負担がかかって痛み等が出る場合がありますので注意が必要です。