【患者:40代女性 主訴:右肩の痛み】

五十肩の様な症状で、右肩が真横より上には痛みの為、上げられない状態でした。

1年前から痛み始め、さらに半年前から痛みが酷くなってきた。

右肩を下にして寝ていることが多く、その頃から酷くなってきた。

 

整形外科でのレントゲン等でも問題なしと言うことなので、腱板や関節唇などといった部分ではなく、ほぼ筋肉系の問題と考えられます。

触診や可動域を確認したところ、背中、肩周辺の筋肉の拘縮、肩や肩甲骨、背骨などの関節の可動域の制限がみられました。

 

【施術内容】

背中や腋下、大胸筋などの筋肉の状態を整え拘縮状態を少しでも緩和すること。

また肩関節、肩甲骨、胸椎の可動域の調整を行い、少しでも動かしやすくすることを試みることにより、右肩の可動域が増し、斜め上くらいまで上がるようになりました。

まだ痛みや違和感は残るものの痛みの程度は減少したこと、また肩や背中周辺の重だるさが軽減されたことにご満足頂けたようでした。

継続して施術を行えば少しずつ症状も緩和してくると思われます。

 

この様な症状の場合は痛いからといって動かさないのではなく、無理の無い程度に動かしてあげることも大切です。

動かさないと余計に筋肉の柔軟性が失われ、拘縮が酷くなり症状も悪化します。

なるべく早めに手当てをしてあげることによって改善に要する時間も変わってきますので、ほったらかしにしないようにしましょう。